派遣会社を経由して期間工に応募するのはなんで?デメリットはない?

派遣会社を経由してなんで直接雇用の期間工に応募するのか、デメリットはないのか?

派遣会社を経由して期間工に応募する方が多いのはなぜだろうと思っている方もいると思います

 

 

まず結論として

 

 

 

・派遣会社を経由して応募しても直接雇用の期間工になれます

 

 

 

・デメリットは派遣会社の面談分の1回の手間のみです

 

 

 

・派遣会社を経由して応募すると入社祝い金など(最大45万円 2019/4/18現在)がもらえる場合があります

 

 

 

 

それでは1つ1つ説明していきます

派遣会社を経由して応募しても直接雇用の期間工になれます

派遣会社というと派遣社員を工場などに派遣している会社というイメージがあると思います

 

 

しかし派遣会社の業務には2つあります

 

 

・人材派遣

 

 

・職業紹介(有料職業紹介)

 

 

 

 

人材派遣
いわゆる一般的な派遣です、派遣社員の方に派遣先に行って働いてもらう方法です

 

 

 

職業紹介(有料職業紹介)
直接雇用を希望する志望者(自分)を、正社員または契約社員として企業に紹介するサービスです

 

 

つまり期間工の志望者契約社員である期間従業員として雇用しませんかと企業に紹介する、ということです

 

 

 

これにより

 

・派遣会社は紹介した方が期間従業員として採用されれば紹介料が入ります

 

 

・期間工として採用され方には入社祝い金などが入る場合があります

 

 

それなので期間工として入社することになり、ピンハネとかは全くない、普通の直接雇用の期間工になります

 

 

 

ただ1つ注意点は派遣会社は企業に紹介まではしますが、期間工(期間従業員)として採用するかは企業(メーカー)が面接で決めます

デメリットは派遣会社の面談分の1回の手間

最初に書いたようにデメリットとしては

 

 

派遣会社へ登録しての面談(簡単なヒアリングなど)のみの分が手間になります

 

 

それで入社祝い金など分がお得になります

派遣会社を経由して応募すると入社祝い金

メーカーにもよりますが派遣会社を経由して期間工に応募すると

 

 

入社祝い金をもらえる場合があります

まとめ

期間工に派遣会社を経由して応募すると

 

 

・派遣会社を経由して応募しても直接雇用の期間工になれます

 

 

 

・デメリットは派遣会社の面談分の1回の手間のみです

 

 

 

・派遣会社を経由して応募すると入社祝い金など(最大45万円 2019/4/18現在)がもらえる場合があります

 

 

となります


派遣会社を経由して期間工に応募して入社すると入社祝い金など最大40万円をもらえます

たくさんの方が利用しています、3850名(2018年度)が利用した期間工の専門求人サイト・期間工.jp(アウトソーシング)でチェックしましょう

どうして入社祝い金がもらえるのか→【解説】仕組み、どうして派遣会社を経由して応募すると入社祝い金をもらえるの?

派遣会社を経由しても直接雇用の期間工になれるの?デメリットはない?→派遣会社を経由してなんで直接雇用の期間工に応募するのか、デメリットはないのか?



→トヨタ期間工の入社祝い金(40万円・2019年11月)を見る

→その他のメーカーの入社祝い金を見る