期間工の入社祝い金の仕組みと解説

入社祝い金はなぜもらえるのか、仕組みと金額

期間工は派遣会社を経由して応募すると入社祝い金など(最大45万円 2019/4/16現在)をもらえます

 

 

なぜ派遣会社を経由して応募するだけでこんなにお金をもらえるのでしょう

 

 

そして派遣会社を経由して応募して入社祝い金をもらうと何かデメリットがあるのか

 

 

いつもらえるのか、を解説していきます

製造業の人手不足

入社祝い金は数年前まではありませんでした、またはあっても少額でした

 

 

みなさんも最近は人手不足というニュースを見たことがあるかもしれません

 

 

そして中でも製造業は人手不足になりがちです

 

 

そこで人材を募集する競争が激しくなってきて、入社祝い金が上がって現在はある意味、入社祝い金バブルの状態になりました

 

 

このように、大きな背景としては製造業の人手不足があります

 

 

・製造業の人手不足

求人広告のコストを抑える

会社(メーカー)

 

メーカーは入社祝い金は期間工として採用された人数分を支払います

 

つまり100人必要で100人採用したら100人分です

 

必要な人数分のコストがわかります

 

 

そもそも求人をして人を集めるためには広告を出す必要があります

 

広告費がかかります

 

人数が集まるまで広告を出す必要があります

 

それが入社祝い金なら採用した人数分だけ入社祝い金を支払えばいいわけです

 

 

派遣会社

 

派遣会社はメーカーに期間工の志望者を紹介することで紹介料をもらいます

 

 

人数を集めやすくなります

 

 

期間工志望者(自分)

 

派遣会社を経由して応募して期間工になると

 

入社祝い金をもらえます

 

 

メーカー、派遣会社、期間工志望者それぞれのメリットで、このように入社祝い金があります

 

 

期間工に派遣会社を経由して応募するデメリット

派遣会社を経由して期間工に応募するデメリットは1つあります

 

以下の経過表を見てください

 

 

・直接メーカーに応募

応募 → メーカーの面接 → 期間工

 

・派遣会社を経由して応募

応募 → 派遣会社の面談 → メーカーの面接 → 期間工

 

 

見てもらってわかるように、派遣会社の面談(簡単なヒアリングなど)を受ける分だけの手間がデメリットになります

 

 

1回分の面談の手間のみがデメリットになります

 

 

それだけで入社祝い金の分のお金がお得にもらえます

待遇とか給料で不利になることはない?

直接メーカーに応募して期間工になっても

 

 

派遣会社を経由して応募して期間工になっても

 

 

待遇も給料も同じです

 

 

まったく変わらない同じ期間工です

入社祝い金はいつもらえるの?

入社祝い金は1〜2か月後に支払われることが多いです

 

 

派遣会社と面談する時に

 

・規定

 

・いつか

 

を聞いてみましょう

入社祝い金のまとめ

・入社祝い金の分だけ得する

 

 

・デメリットは派遣会社との面談分の手間がかかる

 

 

・待遇、給料は影響ない

 

 

1回分の面談の手間だけで入社祝い金をもらえるので、同じ期間工になるならもらっておく方がいいでしょう

 

 

それなので期間工になる時に派遣会社を経由して応募する方が多いのです

 


派遣会社を経由して期間工に応募して入社すると入社祝い金など最大40万円をもらえます

たくさんの方が利用しています、3850名(2018年度)が利用した期間工の専門求人サイト・期間工.jp(アウトソーシング)でチェックしましょう

→トヨタ期間工の入社祝い金を見る

→その他のメーカーの入社祝い金を見る

どうして入社祝い金がもらえるのか→【解説】仕組み、どうして派遣会社を経由して応募すると入社祝い金をもらえるの?

派遣会社を経由しても直接雇用の期間工になれるの?デメリットはない?→派遣会社を経由してなんで直接雇用の期間工に応募するのか、デメリットはないのか?



2019年8月28日アウトソーシング
2019年おすすめ期間工の入社祝い金(2019年9月)

トヨタ自動車 40万円

→トヨタの求人情報を見る

スバル 40万円

→スバルの求人情報を見る


マツダ自動車 30万円

→マツダの求人情報を見る

※入社祝い金は変動する場合があります、最新の金額はリンク先で確認してください